丸の内永楽ビル歯科クリニック(歯科医院・歯医者)の除菌水

:治療に使う『お水』について

歯科・丸の内永楽ビル歯科クリニック


治療用水除菌システム

歯科除菌水

せっかくお口の中をきれいにして頂く為にお越し頂いているのですから、治療に使う水だって『最高の物』を使いたい。そう思って導入したのが歯科ユニットウォーターライン除菌装置です。

当院の治療水は、歯科ユニットウォーターライン除菌装置・ポセイドンにより、常に衛生的な状態を保っています。

治療に使う『お水』のお話

「未処理のままのデンタルユニットの供給水は、飲料水水質基準に適合しない可能性が高い。」
実は、治療に使う『お水』の衛生状態については、以前から問題が指摘されていました。

1990年代より、歯科ユニットの給水管内に形成される『バイオフィルムによる汚染』が注目されるようになりました。バイオフィルムによる汚染が、なぜ歯科ユニットの給水管内で起こるのか、考えられる原因としましては、夜間、歯科ユニットの給水系チューブ内の残留塩素が減少してしまう為、水道水が本来有している塩素がなくなり、細菌が急激に増殖してバイオフィルムを形成するとおもに考えられております。

日本では、ようやく平成19年に水道水質基準について、水質管理目標設定項目の見直しがあり水質管理目標設定項目に 従属栄養細菌が追加されることとなりましたが、その目標値は、「1mlの検水で形成される集落数が2,000以下(暫定)」となってます。現状では多くの歯科ユニットにおいて、水質管理目標設定項目の目標値を大幅に上回る従属栄養細菌が検出されています。

当院の治療に使う『お水』の衛生状態

歯科ユニットウォーターライン除菌装置

『お水』をキレイにしている成分が『中性電解機能水』です。
歯科ユニットウォーターライン除菌装置により、水道水に含まれる“塩素イオン”が電気分解され塩素に変化、そのまま「水」と混ざりあって「残留塩素」に変化し、「中性電解機能水」となります。この中性電解機能水により、Lv. 1~4 の何れのP水でも5分処理で完全に殺菌されます。当院で使用している「ポセイドン」は、国立大学附属病院・歯科の手術室でも使われているそうです。

当院では、歯科ユニット給水に歯科ユニットウォーターライン除菌装置・ポセイドンを使用する事により、いつでも『キレイなお水』で治療しています。全てのユニットに除菌水が行き渡っていますから常に衛生的で、患者様にも安心して治療を受けて頂けます。

治療に使う『お水』のお話:
丸の内永楽ビル歯科クリニック
千代田区丸の内、大手町の歯科医院・歯医者、大手町駅 地下直結・東京駅 丸の内北口 徒歩3分