歯科用CT

:東京都 千代田区 大手町 歯科 歯医者 歯科医院 【丸の内永楽ビル歯科クリニック】

歯科・丸の内永楽ビル歯科クリニック


歯科用CT

歯科用CT
歯科用CT

従来のX線写真は2次元的な平面での診断しかできませんが、歯科用CTスキャンならば3次元の立体画像として診断できる為、より多くの情報が得られます。

■ 見えなかったものが見える
一般のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになりました。
顎の内部構造なども、リアルに見えます。

■ わかからなかった事がわかる
顎や歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認できます。

■ 治療の安全性が広がる
インプラントだけでなく、矯正や根管治療、親知らずなど、幅広く歯科治療に応用する事ができ、正確な審査・診断により、治療の安全性を高めます。

歯科用CTの効果

CTは立体的に撮影しますので、病巣の位置や骨の内部、歯と顎(あご)の関係など全てが手に取るようにわかります。三次元の高画質画像を用いる事で、従来のX線写真(断層方式パノラマX線写真や口内法X線撮影法)では判別できない、痛みや症状の原因の究明に役立ちます。

特にインプラント治療では、歯科用CTスキャンでの撮影画像をもとに、的確な治療計画を立てる事が安心で確実な治療への第一歩となります。

インプラント

インプラント

インプラント治療では、埋入する部位の術前の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)がX線レントゲンよりも正確に診査・診断ができます。剥離や切開をしない手術、増骨術などに対しても判断が即日に行えます。

歯の神経の治療

歯の神経

歯の形・内部構造はとても複雑です。その歯の歯根形態、根尖方向、歯折だけでなく、根管充填(歯の神経の治療方法)の状況なども把握する事ができます。また、根尖病巣の大きさや形状についても把握できます。

歯周病

歯周病

CTにより、歯周病による骨の退縮・破壊の程度を見て判断する事ができるので、非常に予知性の高い治療が行えます。

矯正歯科

矯正歯科

術前の検査で顎骨の状態が正確にわかります。軟組織の状態の確認や歯の移動の限界が予測する事が可能となり、治療計画の立案におおいに役立ちます。最適な治療方法を導く事は、正確な矯正治療とその治療期間の短縮にもつながります。

親知らずの治療

親知らず

歯科用CTを親知らずの抜歯に利用する事で、立体的に把握する事ができます。これにより、神経を引っ掛けてしまう可能性や、周囲の炎症具合、病巣の有無や大きさ、位置なども判断・考慮して、親知らずの治療を行う事ができます。

デジタルだからできる
様々な撮影方法

CT撮影1

 

CT撮影2

 

CT撮影3

 

CT撮影4

 

歯科用CT:
丸の内永楽ビル歯科クリニック
千代田区丸の内、大手町の歯科医院・歯医者、大手町駅 地下直結・東京駅 丸の内北口 徒歩3分