丸の内永楽ビル歯科クリニック(歯科医院・歯医者)の除菌水

:次亜塩素酸水はむし歯菌や歯周病菌を殺菌する効果のある歯科治療水です。

歯科・丸の内永楽ビル歯科クリニック


次亜塩素酸水

次亜塩素酸水生成器
次亜塩素酸水生成器

塩酸又は食塩水塩化ナトリウム水溶液を電解する事により得られる次亜塩素酸を主成分とする水溶液が次亜塩素酸水です。

次亜塩素酸水とはタンパク分解型除菌水の事で、安全性に着目し人体への影響を最小限に抑え、むし歯菌や歯周病菌を殺菌する効果のある歯科治療水です。

当院では、ステリHCLOにより亜塩素酸水を生成、治療に取り入れています。

■ 殺菌効果と安全性が確かな次亜塩素酸水
次亜塩素酸は、もともと体の中にある物質で、白血球の中に存在します。人間の体内で白血球が細菌を殺す過程で主に作用しているのは「次亜塩素酸」です。次亜塩素酸は人体に元来備わっている殺菌成分ですから、次亜塩素酸水は「安心、安全な殺菌水」と言えます。

次亜塩素酸水は殺菌効果を発揮した後、すぐに自然に帰るという特徴があります。市販されている洗口剤とは全く違い、アルコール・着色料・保存料などは一切使用しておりませんので、安心してお使い頂けます。

次亜塩素酸水の効果

虫歯菌・歯周病菌を除去

虫歯菌・歯周病菌を除去

口腔内の細菌を除去する次亜塩素酸水
一生懸命にブラッシングしても完全に細菌を取り除くのは困難です。虫歯菌や歯周病菌を殺菌する為には、抗生物質などの薬剤や酸性の洗口剤が用いられてきました。しかし、虫歯菌や歯周病菌はバイオフィルム(歯にはりついたネバネバのバリアのような物質)という頑丈な膜に覆われており、中々容易に殺菌できませんでした。

次亜塩素酸水ならば、バイオフィルムを破壊する効果があります。
口内では約480ppmの次亜塩素酸イオン(OCL-)がタンパク質やバイオフィルムを溶解・破壊した後、約20ppmの次亜塩素酸(HCIO)が効率よくお口の中の雑菌等を消毒・破壊する事により、口臭の発生・プラークの形成を抑制し、歯周病や虫歯の予防が期待できます。

口内炎・口臭対策

口内炎・口臭対策

次亜塩素酸水はほとんどの細菌・ウイルスを除菌・不活化する為、口内炎やお口の中に傷ができやすい方、口臭が気になる方にもおすすめいたします。インフルエンザや風邪予防にも効果的です。

殺菌効果

うがい殺菌効果

次亜塩素酸水は強い殺菌力をもっていますので、当院では、患者様の治療中にうがい頂くお水として使用しています。また、その殺菌効果から歯科機材の殺菌・消毒・滅菌にも効果を発揮します。

高濃度電解次亜水の特徴

グラフ
グラフ

高濃度電解次亜水生成装置 ステリHClOで生成された直後は、タンパク分解洗浄の主役である次亜塩素イオン(OCl-)が約80ppm、消毒の主役である次亜塩素酸(HClO)が約20ppmに設定されており、食品添加物法に定められた次亜塩素酸の上限濃度よりもはるかに低い濃度設定なので安心してご利用いただけます。

pHが下がるとステリHClO生成水は、HClOの濃度が上昇します。一方、次亜塩素イオン(OCl-)は、タンパク質の影響を受けるとほとんど「0」になり、環境にも優しい機能水です。

■ ステリHClOの臨床効用
・歯周病におけるポケット内洗浄
・歯内療法の応用
・抜歯、小手術などの術後の利用
・インプラント手術における「術前の器具及び術野の応用」、「術中の骨内形成窩の洗浄」、「術後の術野洗浄」、「術後管理としての洗口」

*株式会社ユーピー HPより抜粋

×