東京都 千代田区 大手町 歯科 歯医者 歯科医院 【丸の内永楽ビル歯科クリニック】- 一般歯科,虫歯治療 等-

  • HOME
  • ご挨拶
  • 診療・治療について
  • 感染予防対策
  • スタッフ紹介
  • クリニック案内
  • ご予約・お問合せ
歯医者/歯科の予約はぶんぶんサーチデンタル 24時間オンライン予約 空き状況を照会 CONTENTS
一般歯科(虫歯治療等)
インプラント
審美・美容歯科
ホワイトニング
歯周病
歯周内科学
歯周病豆知識
口臭について
予防歯科
小児歯科
治療費
保証制度
掲載メディア
リンク
サイトマップ
除菌水 光殺菌治療 薬で治す歯周病治療 歯科用CT ストローマンガイドシステム CLINIC INFORMATION

一般歯科

一般歯科とは

虫歯や歯の根、歯周病等の治療、さし歯、入れ歯、予防など、乳幼児からお年寄りまでの歯とお口に関する病気の治療を行います。患者様が歯科医院に通院した際に受ける歯科治療の大半が、一般歯科の範囲となります。

虫歯の状態

虫歯の初期段階で、歯の表面(エナメル質)だけが虫歯にかかっている状態です。

C1

虫歯の初期段階で、歯の表面(エナメル質)だけが虫歯にかかっている状態です。C1の段階は、白いエナメル質の部分が乳白色やわずかに茶褐色になります。痛みなどの自覚症状は、ほとんどありません。自分で発見する事は難しいかもしれません。

C2の段階は、色が茶褐色から黒色になってきます。

C2

この段階では、象牙質にまで虫歯が進行していますが、まだ神経(歯髄)にまではとどいていません。 C2の段階は、色が茶褐色から黒色になってきます。 冷たい物がしみるようになり、更に症状が進むと熱い物がしみるようになります。また、固い物を噛むと痛い、疲れると痛くなるなどの自覚症状がでてきます。

神経が生きている場合

C3 神経が生きている場合

虫歯がさらに進行し、神経(歯髄)にまで達しています。神経に炎症をおこしています。(歯髄炎:Pul)  歯髄の腫れが神経を直接圧迫するので、急にひどく痛んだり、熱い物、冷たい物に敏感になります。神経(歯髄)をとりのぞき、根の治療を(根管治療)をしますので、5〜6回程度の通院が必要です。

神経が死んでいる場合

C3〜C4 神経が死んでいる場合

歯の根の先にまで虫歯が進行しています。(歯根膜炎:Per)  急に歯肉や顎が腫れたり発熱する事があります。神経が死んでいるので、冷たい物がしみる事はありません。しかし、熱い物を口に入れたり、体が温まる(夜間、入浴時等)と、強く痛む事があります。根の治療(根管治療)をして、消毒を繰り返し行いますので、7〜8回程度の通院が必要です。

 


歯の根は前歯で1本、奥歯では2〜3本とたいへん複雑に枝分かれていますので、治療するのに多くの時間を要します。炎症をおこした部分を完全に取り除かないと、再発する恐れがありますので、根気強く最後まで治療する必要があります。

とても小さい虫歯(虫歯のでき始め)であるならば、簡単な虫歯処置で済む場合もあります。大切な歯を痛める前に、早期発見・早期治療が大事である事は言うまでもありません。

▲TOPへ戻る

歯科治療についてのお問い合わせは03-6273-4020まで

一般歯科(虫歯治療等) : 丸の内永楽ビル歯科クリニック (大手町、歯科医院・歯医者)
お問合せのページへ